リフォームであなたのおうちがもっと好きになる
リフォームのポイント

お風呂イメージ

リフォームのポイント①

水まわり

水まわりの寿命は一般的に15年程度といわれていますが、汚れが気になる場合や使い勝手が悪い場合などもリフォームを検討するタイミング。また、タイル張りの在来工法の浴室などは一見きれいに見えても内部が腐食している場合がありますので、注意が必要です。


↓チェックしたい場所をクリックすると、タブで切替ができます。

  • お風呂
  • トイレ・洗面
  • キッチン

お風呂のリフォームのタイミング:15年程度

ヒートショックによる浴室事故を防ぐため、暖房機能がついた浴室乾燥機を取り付けたり、滑りにくい床や手摺などで安心して入れるお風呂にしましょう。

工期の目安
●システムバスの交換:5~7日

予算の目安
●システムバスの交換:88.5万円~


トイレ・洗面のリフォームのタイミング:20年程度

日夜進化を続けるトイレ・洗面ですが、最近では除菌・抗菌タイプ、お手入れのしやすいタイプ、節水タイプなどがおすすめです。

工期の目安
●便座の交換:1時間~1日

予算の目安
●便座の交換:15万円~


キッチンリフォームのタイミング:20年程度

キッチンそのものよりも、コンロやレンジフードの不具合が多く発生します。作業時間の長いスペースですので使いやすさを考えましょう。

工期の目安
●システムキッチンの交換:5~7日

予算の目安
●システムキッチンの交換:50万円~


内装イメージ

リフォームのポイント②

内装

内装リフォームとひと口で言っても、クロス、床などの部分リフォームから、和室→洋室など全体リフォームまで多岐にわたります。建物も年とともに古くなっていきますが、10年もすれば子供が大きくなったりと住んでいる人の生活スタイルも変化します。今、そしてこれからの事を考えたリフォームプランにする事が大切です。


↓チェックしたい場所をクリックすると、タブで切替ができます。

  • クロス張替え
  • フローリング
  • 和室→洋室

クロス張替えのタイミング:10年程度

普段は気づかないヨゴレやニオイを吸着しているクロス。何となく部屋が臭かったり、家具や家電を動かしてみてビックリすることも。

工期の目安
●クロス張替え:2~3日
●下地込:1~2週間

予算の目安(6帖、天井・壁)
●クロス張替え:5万円~
●下地込:10万円~


フローリングの張替え

直接身体に触れる箇所だからこそ、長年のすり傷や床鳴りのほか、水まわりならカビやたわみがある場合は要注意です。

工期の目安
●フローリング張替え:1週間~10日
●下地込:2~3週間

予算の目安(6帖)
●フローリング張替え:10万円~
●下地込:20万円~


和室→洋室へ変更

住まわれる人の人数やライフスタイルによって使い勝手の良い居室タイプが変化。意外と高齢の方には洋室が好評です。

工期の目安
●和室→洋室:1~2ヶ月
●間取り変更込:2~3ヶ月

予算の目安(6帖、床・天井・壁)
●和室→洋室:30万円~
●間取り変更込:50万円~


外まわりイメージ

リフォームのポイント③

外まわり

住んでおられる方の顔となる外まわりですが、寿命は15~20年程度といわれています。どの程度古くなっているのか、なかなか分かりづらい部分ですが、放っておくと雨漏りの原因にもなり、建物自体の寿命も縮めかねない危険な箇所です。気づいた時には遅かったとならないように、まずは点検から始めましょう。


↓チェックしたい場所をクリックすると、タブで切替ができます。

  • 屋根
  • 外壁
  • 外構

屋根葺き替えのタイミング:20年程度

住まいを雨・風から守ってくれる大切な部分ですが、実際に目で見ることが難しいので、耐久性・耐震性の面からも定期的に点検をしてもらいましょう。

工期の目安
●屋根部分補修:1~2週間
●屋根全面補修:3週間~1ヶ月

予算の目安
●屋根部分補修:20万円~
●屋根全面葺替:100万円~


外壁リフォームのタイミング:10年程度

屋根同様、常に風雨にさらされていますので、土台が痛んでしまう前に定期的なメンテナンスを心がけましょう。

工期の目安
●外壁部分補修:1~2週間
●外壁全面補修:3週間~1ヶ月

予算の目安
●外壁部分補修:10万円~
●外壁全面補修:100万円~


外構リフォームのタイミング:30年程度

カーポートから土間・アプローチ・生垣まで、住まいのイメージを左右する部分だからこそ、外構が変われば気分も変わりますよ。

工期の目安
●部分補修:1週間~10日
●全面補修:1週間~1ヶ月

予算の目安
●部分補修:15万円~
●全面補修:30万円~


防蟻工事承ります

古い家は、白アリが好むような環境ができやすくなっています。
建築年数が経過するほど、シロアリによる被害が上昇しています。
今は大丈夫でも予防的な処置も大切。
心配だったら、今すぐにシロアリ防除の施工をオススメします。




TOPへ戻る