カビ対策

2019年7月2日

じめじめと湿気の多い梅雨の時期がやってきました。

一緒にやってくるのが『カビ』ではないでしょうか。

カビの元となるカビ胞子は、温度28度以上湿度70%以上になると

最も増えやすくなると言われています。

カビ胞子の栄養となるのがホコリや食べ物のカス、手垢などでカビは増えていきます。

まずは、こまめな掃除と換気です。

靴箱、押入れなども風通しをして、バスルームやキッチンシンク、洗面所などの

水回り設備を使った後は水分を拭き取る習慣をつけましょう。

最初は面倒くさく感じますが、カビが出てしまってからの掃除を考えると

ずっと楽になると思います。

不快な梅雨の時期を乗り切って、快適な毎日を送りましょう。



TOPへ戻る